名阪戦競技2日目

こんばんは!今夜も伊藤がブログを更新します。

朝から上空には綿菓子のような積雲がいくつも浮かび、すでに上昇気流(サーマル)が発生していることが手に取るように分かる状態でした。競技はまず2部競技(下級生が基本操作の正確さを競う)から始まりましたが、2発だけあげてすぐに1部競技(上級生が決められたコースを周回できるか、また周回にかかった時間を競う)に移り、最初にASK23で上がった4回山岸さんはさっそく周回してpointしてきました。昼までは積雲の下に入れば皆サーマルをつかむことができているようでした。ところが、昼過ぎ、風が北西風から南東風に変わり始めたころから積雲が消えていき、多くの人が降りてくる時間帯がありました。それでも、サーマルがなくなったわけではなく雲ができないサーマル(いわゆるブルーサーマル)に変化しただけで粘りながら周回した人もいました。
 最終的な今日の結果は、名大が5周、阪大が3周と1pointでした。名大がまた一歩リードした形です。そして、競技には関係ないのですが、4回金井さんがdiscusで5時間滞空を達成しました!!いや~めでたいです。トイレに行きたくならなかったか聞くと、「汗で全部出しちゃったよ~」だそうです。そんな特殊技能を兼ね備えた金井さんだからこそ達成できたフライトなんですね~。
 夕方にはまた2部競技にチェンジしました。僕も1発飛びましたが、ひどいものです。最後の引き起こしが遅れて、ドン着しました・・・空母の着艦のようだったと言われてしまいました。明日もう一度フライトがあるので、挽回します。
スポンサーサイト
プロフィール

名古屋大学航空部

Author:名古屋大学航空部

twitter
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブログ内検索
天気予報
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カウンター